So-net無料ブログ作成

シンガポール戦 評価 マフブード Jリーグ移籍? [サッカー]

サッカー日本代表は12日、ワールドカップロシア大会2次予選でシンガポール代表
と対戦しました。


この日から新たな代表のユニフォームに身にまとった試合先発メンバーには、
金崎選手(鹿島アントラーズ)、柏木選手(浦和レッズ)、清武選手(ハノーファー)らが名を連ねました。


「スポンサードリンク」






シンガポール戦 評価 マフブード Jリーグ移籍?


特に金崎選手は2010年10月の韓国戦以来、5年ぶりの代表復帰。
また柏木選手は3年9ヶ月ぶりの先発出場となりました。
清武選手は過密日程で合流した香川選手に代わっての先発出場。


圧倒的に試合を支配しながらもシンガポール代表GK マフブート選手の攻守に阻まれてスコアレスドローに終わった6月の戦いのリベンジを果たすべく、
メンバーを入れ替えて試合に臨みました。


試合開始から日本がボールを支配します。
この試合も攻め込みますがGKマフブート選手の好セーブに阻まれ、ゴールを奪う事が出来ません。


しかし前半20分に武藤選手の頭での折り返しを金崎選手が左足のボレーシュートを放ち、
先制の国際Aマッチ初ゴールを決めます。続く26分には本田選手が追加点になるゴールを決めます。
本田選手はアジア2次予選、4試合連続ゴールとなりました。


後半立ち上がりも日本はチャンスを作り攻め込みますが、
やはりマフブート選手がファインセーブで跳ね返す展開が続きました。


停滞ムードが漂う試合終盤の後半87分に、宇佐美選手のシュートを吉田選手がコースを変えてゴール。
ダメ押しになる追加点3点目を決め、3−0で勝利。
貴重なアウェーでの勝ち点をあげて5試合終えて4勝1分けの勝ち点13、E組の首位に浮上しました。


次戦、日本代表は年内最後の試合を17日アウェーでカンボジア代表との試合に臨みます。
次は今年最後の試合、気持ち良いゴールラッシュを見せて、快勝を願いましょう!


以上!
「シンガポール戦 評価 マフブード Jリーグ移籍?」の記事でした!
最後までご観覧いただき、ありがとうございました!

関連記事
本田圭佑 岡崎慎司 長友佑都 高校時代写真は?
シンガポール ゴールキーパー イズワン・マハブドとは誰?Jリーグ移籍は?
南野拓実 初選出 代表 ポジション 出場なるか?


「スポンサードリンク」




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。