So-net無料ブログ作成
検索選択

ソフトバンク初連覇 工藤公康監督 胴上げ [野球]

ソフトバンク3勝1敗で迎えた「SMBC日本シリーズ」第5戦は29日、神宮球場で行われました。


試合は4回に李大浩選手が先制2ラン、4点リードの9回にはシリーズ不振を極めていた柳田選手が
シリーズ初のタイムリーヒットを放ち、5−0で制して、4勝1敗として、前身の南海、ダイエーを通じての初の連続日本一を決めました。


「スポンサードリンク






ソフトバンク初連覇 工藤公康監督 胴上げ


シリーズ開幕の当日、試合開始直前に主将の内川選手が左肋骨骨折が判明し、シリーズ離脱しました。
工藤監督は「やってしまったものは取り返せない。いないとおもってやるしかない」と暗雲も立ちこめましたが内川選手の代わりに4番に入った李大浩選手が大活躍。


シリーズ5試合で打率5割、2本塁打、8打点。文句無しのシリーズMVPを手にしました。
またシリーズを通して内川選手のユニフォームをベンチに飾り、内川選手が居なくてもチーム全員、一致団結して闘うという気持ちをだしていました。


また工藤監督は現役時代は日本シリーズを制する事は11度。
かつては「優勝請負人」とまで呼ばれていましたが新人監督として、また球団初の連続日本一に導きました。今年3度目の胴上げも「くどう」をもじった9度、宙を舞いました。


シリーズ第3戦、ヤクルト山田選手に3打席連続ホームランを浴びた翌日、バッテリーに1時間の対策会議をさせたそうです。
「人間、バカは一人もいない。スーパーコンピューターが頭に入っている。壁があると言うけど、それはダメになった自分への言い訳。努力しない言い訳が壁になるんだ」と工藤監督。


結果、第4、5戦、山田選手をノーヒットに封じました。


しかし厳しさばかりではなかったそうで、リーグ優勝後、選手、コーチ、裏方全員に「2015パリーグ優勝記念〇〇様 ありがとうございました」と名前入りの日本酒を自ら配ってまわったそうです。


また優勝決定の瞬間は内川選手を福岡から呼び寄せて歓喜の輪に加えてグラウンドで優しく抱きしめました。


時には妥協を許さない厳しさも見せながらも裏方までにも気を回す優しさを見せる工藤監督。
それが全員の団結を見せて今季圧倒的な強さの完全制覇を生んだのでしょうね。


以上!
「ソフトバンク初連覇 工藤公康監督 胴上げ」の記事でした!
最後までご観覧いただき、ありがとうございました!

関連記事
吉川 伝令役 守備位置指示 巨人
イチロー メジャー通算1万打席 要因は?
斎藤佑樹 不振理由はなぜ?実力不足?


「スポンサードリンク」




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。